ニキビの原因にも

宿便がニキビの原因に

知らず知らずにたまっている宿便。

 

そんな宿便がニキビの原因になっているって知っていましたか?

 

なぜ、宿便がニキビの原因になるのかというと、腸内に宿便が蓄積すると宿便から毒ガスが発生し体の中をめぐるからでしょう。

 

便は体には悪い物質です。
体内に蓄積するとどんどん腐敗し、香りも悪くなってしまうでしょう。

 

悪臭のする物質が体内にとどまり続けていると、当然体中に悪い毒ガスが回ってくるのです。
そんな毒ガスのせいで、毛穴が炎症を起こしやすくなってしまい、ニキビに発展してしまいます。

 

宿便がたまり続けていくと、このように肌荒れにもつながるのです。

 

もちろん、宿便のせいで血液の中に悪い物質が混じり、そのせいでニキビができる場合もあるでしょう。

 

宿便や便秘がニキビの原因になるのは、これが理由なのです。

 

美しい肌を保ちたいのであれば、宿便を改善するようにしましょう。

 

便秘がひどいとアトピー等アレルギー体質になる場合も

便秘がもたらす悪影響といえば、ぽっこりお腹やニキビ、悪臭などですよね。

 

しかし、美容的なものではなく、健康にもとても悪いのです。

 

たとえば、便秘や宿便が原因でアレルギー体質になってしまう場合もあります。

 

人の体にはデトックスという機能が備わっています。

 

体の中にたまった毒素を排出することが、デトックスです。

 

デトックスというと発汗が有名ですが、一番のデトックスは排便です。
便には悪い成分がたくさん詰まっているので、毎日排便ができていると、快適なデトックスを行うことが出来、体内の老廃物を日々排出することが出来るのでしょう。

 

しかし、宿便がたまっていたり便秘がちだと十分なデトックスをすることが出来ません。

 

実は、デトックスとして排出している便の中にはアレルギーの原因となるアレルゲンも含まれています。

 

そのため、便を排出することが出来ないと体内にアレルゲンがどんどん蓄積してしまうのです。

 

貯まったアレルゲンは血液から体全体に流れていき、アレルギー体質になってしまうでしょう。

 

もともとアレルギー体質の人は、体内に蓄積したアレルゲンのせいで喘息や花粉、アトピーなどの症状が普段よりも起こりやすくなってしまうのです。

 

便秘が原因で、新しくアレルギーが発症してしまうこともあるでしょう。

 

健康的な体を維持したいのであれば、宿便や便秘はしっかりと改善するようにしてください。

 

腸内環境の改善にまずは乳酸菌

宿便、便秘を改善するには腸内環境の改善が一番。

 

健康的な腸内を作ることが出来れば、排便もスムーズに行うことが出来るようになるでしょう。

 

そのためにおすすめしたいのが、乳酸菌です。

 

乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌の量が増えます。

 

乳酸菌は酸や熱に弱い成分だといわれていますが、死滅した乳酸菌も善玉菌のエサとなるので健康維持に役立ってくれるでしょう。

 

乳酸菌を摂取することで便秘改善、アレルギー症状緩和、免疫力向上など体に良い効果をたくさん実感することが出来るのです。

 

もちろん、乳酸菌は一度取っただけでは十分な効果を実感することはできません。

 

乳酸菌の効果を十分に実感するためにも、日々乳酸菌の摂取を心がけるようにしましょう。

 

化粧品でのニキビケアもお忘れなく=ニキビを無くす方法ガイド