便秘の傾向

便秘になりやすい年齢

便秘は年齢を追うごとにどんどん症状が重くなります。

 

若い頃は便秘じゃなかった人でも、30代40代と年齢を重ねるごとにどんどん便秘になる方が増えてしまうのです。

 

これにはさまざまな理由があります。

 

たとえば筋力の低下です。

 

20代以降はどんどん筋力は低下してしまいます。

 

筋力が低下すると、便を排出する力も減少してしまうでしょう。
そのせいで、便秘になってしまうのです。

 

 

筋力だけではなく、食事の内容も便秘になってしまう原因の一つです。

 

年齢を追うごとにどんどん食事の量が減っていきますよね。

 

前は普通に食べることができていたたくさんの炭水化物や高カロリー食品がなかなか食べることができなくなり、食事の量も減ってくるでしょう。

 

本来日本食は栄養豊富で便秘改善に良いといわれています。

 

しかしある程度の量を食べなければ排泄しやすい便を作ることができないのです。

 

食事の量が減るから、年齢により便秘になる方が多いともいわれています。

 

 

もちろん栄養不足のせいで便秘になってしまう方も多いでしょう。

 

年配の方であればある程、食物繊維不足だといわれています。

 

健康のためにと野菜ジュースや青汁を飲んでいる方もいるかとは思いますが、野菜から採れる不溶性食物繊維も便秘改善には欠かせない栄養素です。

 

さまざまな栄養が不足するせいで、便秘になってしまうのではないでしょうか。

 

 

もちろん他にも運動不足や体力不足が原因で便秘になってしまう場合もあります。

 

10代よりも30代、30代よりも50代の方が便秘になりやすい年齢だといえるでしょう。

 

 

便秘になりやすい職業

便秘 職業

 

便秘は生活習慣が原因で起こることも多いでしょう。
そのため、「便秘になりやすい職業」というのも存在します。

 

一番便秘になりやすい職業は、キャビンアテンダントなのです。

 

キャビンアテンダントは華やかで憧れの職業という印象でしょう。
そんなキャビンアテンダントが便秘になりやすいなんて意外ですよね。

 

まず、キャビンアテンダントは時間に厳しい職業です。
1分1秒の遅れがフライトの遅延に繋がります。

 

そのためトイレに行くことを後回しにしてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

時間帯も不規則なので、睡眠時間も不安定です。

 

規則正しい生活習慣と睡眠時間が便秘改善には必要ですが、それを守ることも出来ない勤務体制という点も、キャビンアテンダントが便秘になりやすい原因の一つでしょう。

 

長時間の立ち仕事で、常に緊張した精神状態である点も、便秘になりやすい原因の一つですよね。

 

この様に、キャビンアテンダントは便秘になりやすい原因がたくさんあるのです。

 

 

もちろん他にも便秘になりやすい職業はたくさんあります。

 

たとえばバスの運転手やタクシードライバー等、常に運転している職業は行きたいときにトイレに行くことも出来ず、十分な休息も取ることができませんよね。

 

食事の時間もバラバラになりがちで生活リズムが崩れてしまうのでしょう。

 

そのせいで、便秘になってしまう方が多いといわれています。

 

 

事務仕事も便秘になりやすいといわれています。

 

キャビンアテンダントや運転手程ではありませんが、すわり仕事は運動不足になりがちですし、筋力も低下してしまうでしょう。

 

最近はデスクワークの方も多く、毎日8時間以上座りっぱなしで仕事をしている方も増えています。

 

現代人が便秘になりやすいのは、食生活はもちろん仕事のせいもあるのかも知れませんね。

 

解消法はこちらをご参考に=トップページ

 

便秘になりやすい食生活

便秘 食生活

 

便秘と食事は切っても切り離せません。

 

人が食べた食事がそのまま便になるので当然でしょう。

 

食生活が原因で便秘になってしまう人は、とても多いのです。

 

特に現代人は、食生活のせいで便秘になる方がとても多いといわれています。

 

どんな食事が便秘になりやすいのでしょうか?

 

 

たとえば肉類。

 

多くの人が、毎日肉類を食べています。

 

肉類はほとんどの部分が栄養として吸収されるので、肉類を食べると便があまり増えません。
そのため腸内の蠕動運動も弱まってしまうでしょう。

 

肉食動物は大腸が短く草食動物は大腸がとても長いのは、肉類は消化にそこまで時間がかからない食べ物だからだといわれています。

 

すぐに吸収される肉類は便秘改善に良い食事だと思われがちですが、ある程度の食事量がなければ便は排出しにくくなってしまうのです。
普段肉類ばかり食べていると、便の量が足りなくなってしまい便秘になってしまうかも知れませんね。

 

 

赤ワイン等には、タンニンという成分が含まれています。

 

タンニンは下痢を止める成分なので体に良いと思われがちです。

 

しかし過度にタンニンを摂取すると、下痢止め効果が効きすぎて逆に便秘になってしまう場合もあるでしょう。

 

そのため、便秘が悪化してしまうのです。

 

タンニンが含まれた食品も、取り過ぎには注意をして下さい。

 

 

体が冷える食品もいけません。

 

健康維持には体を冷やしてはいけないといわれていますが、便秘改善にも冷えは天敵です。

 

特にアイス系統や体が冷える野菜、冷たいドリンク等は、便秘を引き起こしてしまうでしょう。

 

生の野菜や海草類も、食べ過ぎると体がどんどん冷えて内臓の働きも停滞してしまいます。

 

健康の為には温野菜等、体の中から温めてくれる食品がおすすめです。

 

体の中から温まれば、内臓の動きも活発化し便秘も改善できるのではないでしょうか?

 

水分不足でも便秘になってしまいます。

 

普段からあまり水分を取る習慣がないという人は、意識して水分を摂取してみてはいかがでしょうか?

 

この時おすすめしたいのは、白湯等の暖かくノンカフェインの飲み物です。

 

カフェインは取り過ぎると体に良くありません。
ノンカフェイン飲料なら安心して飲むことができますし、便秘改善効果も実感できるでしょう。