即効便秘改善!マグネシウムを使った解消法

病院でも処方されるマグネシウムの効果

大腸の中には普段排泄している便の他に、「宿便」というものが溜まっています。
宿便は普通の便と一緒に出すことが難しく、大腸の壁にこびりついていたりします。

 

錠剤

 

宿便を出すことで腸内環境を良くしたり、体調を改善できることをご存知ですか?
ダイエット効果もあると言われているので、できれば宿便を出してしまいたいですね。

 

 

宿便に効果があると言われているのは、水酸化マグネシウムです。

 

水酸化マグネシウムは便秘薬にも配合されている成分で、硬くなって腸内に溜まっている便を出す効果があります。マグネシウムは病院でも処方されることがあり、正しい使用方法を守れば安全に便秘の改善を目指すことができます。妊婦さんでも処方されることがあるものなので、安心できますよね。

 

腸内に便が溜まっていることは、体にとって良いことではありません。
酷い便秘で悩んでいる人は、市販の薬ばかりを使わずに、病院で医師に相談してみましょう。

 

宿便を安全に出したいと思ったときにも、病院で診察を受けることで、自分の状態に合った薬を処方してもらうことができるかもしれません。
まずはマグネシウムの詳しい効果を知って、宿便を出すことについて考えていきましょう。

 

 

宿便にも効果がある?

 

 

マグネシウムが宿便に対して具体的にどのような効果を発揮するのか、見ていきましょう。

 

まず、マグネシウムは便を柔らかくする効果があります。
水酸化マグネシウムは、体内の水分を吸収しながら腸まで進んでいきます。

 

そして、腸に溜まっている便に水分を含ませることで、腸内で硬くなって出にくくなってしまっていた便を柔らかくするのです。
水分を吸収したマグネシウムが腸管に水分を通すことで、腸壁にこびりついた宿便も柔らかくしてくれます。

 

こうして腸に溜まっていた便や宿便を排出することで、腸内にも刺激が与えられ、腸が自然に動くようになっていきます。
宿便を出せるだけでなく、便秘をしにくい腸に改善していくこともできるのです。

 

マグネシウムには胃酸の過剰分泌を抑える効果もあります。胃酸の影響で便秘になってしまうことがあるだけでなく、胃痛や胸やけなどの症状も引き起こしてしまう可能性があります。マグネシウムを服用することで、便秘以外の病気予防にもつながるのです。

 

マグネシウムは、飲んでから8〜12時間ほどで便意を感じます。

 

そのため、1日で便秘を解消してしまう人が多く、とても効果が高い成分であると言えます。
1日で効果を得られなかった人も、3日間ほど飲み続ければ効果が得られるでしょう。

 

 

危険な副作用

 

便宿便にも秘にも効果を発揮する水酸化マグネシウムですが、副作用もあります。

 

病院で処方してもらい、正しい使用方法を守っていれば副作用を起こすことはほとんどありませんが、稀に体質が関係して副作用を起こしてしまう人がいます。

 

マグネシウムを飲むことで胃腸が刺激され、吐き気・腹痛・下痢などの胃腸系の症状を引き起こしてしまう人がいます。
特に危険なのは下痢で、マグネシウムを飲んで下痢を繰り返すことで脱水症状になってしまう可能性が高いです。

 

脱水症状に陥ると、吐き気や体の怠さを感じるだけでなく、酷いときには死に至ることもあります。
マグネシウムを飲んでから出る便があまりにも柔らかい場合には、無理に服用を続けずに医師に相談してみましょう。

 

また、高マグネシウム血症という症状を引き起こし、口の渇き・低血圧・嘔吐などの体調不良になることもあります。
このような症状が出た場合にも、すぐにマグネシウムの服用を中止する必要があります。

 

宿便を出すと痩せたり肌が綺麗になると言われており、体調不良を感じても我慢して服用を続けてしまう女性が多いです。
マグネシウムの副作用による危険をしっかりと認識して、無理な服用をしないように気を付けましょう。

 

 

副作用が起きてしまうこともある水酸化マグネシウムですが、普通に使用していれば副作用が起こることはほとんどありません。
むしろ、他の便秘薬よりも自然な排泄を促すことができるので、体に負担をかけずに便秘を解消していくことができるでしょう。

 

水酸化マグネシウムが含まれている下剤は、ミルマグやスイマグなどです。
特に宿便に効果が高いと言われているのはスイマグで、服用することで腸内を綺麗に掃除できます。

 

スイマグは、1日1回就寝前か空腹時に飲みましょう。量は16ml〜26mlで、コップ1杯の水に混ぜて飲みます。
それほど飲みにくい味ではないかと思いますが、どうしても味が気になる人はお茶などに混ぜて自分好みの味に変えてみましょう。
効果が出始めるのは8〜12時間後なので、ちょうど朝起きたときに便意を感じるでしょう。腸内に溜まっていた便を排出できたと感じたら、そこで服用をやめます。
1回飲んだだけでは便を出せなかった人や十分に効果を感じられなかった人は、さらに2回ほど服用してみます。3日間服用しても効果を得られない場合には、水酸化マグネシウムの服用をやめましょう。

 

おすすめの便秘薬はこちら