断食で解消?

断食で宿便は出るか?

宿便の改善方法として有名なのが、断食です。

 

よく、断食をすると宿便が改善できるといわれています。

 

断食と言うと、とても辛いイメージをお持ちでしょう。

 

しかし、定期的に断食をする事はとても良い事です。

 

断食にはさまざまな効果があります。

 

まずは、内臓を休ませるという効果です。

 

内臓は、24時間365日働いています。
人は毎日食事をとり、排泄をするので仕方がないでしょう。

 

しかし断食をすることで、一時的ではありますが内臓を休ませることができるのです。

 

現代人は、昔の人に比べると消化器官を多く使っているといわれています。

 

そんな消化器官を日々酷使していると、どんどん病気になりやすい状態となってしまうでしょう。

 

定期的に内臓を休ませることは、健康的に過ごすうえでとても稚拙な事なのです。

 

また、毎日たくさん食べていると、どんどん胃が広がってしまいます。

 

一度膨らんだ胃は、なかなか元の大きさに戻らないでしょう。

 

しかし断食をすることで、胃腸の大きさが縮小されます。

 

そのため、断食には高いダイエット効果もあるのではないでしょうか。

 

胃の大きさが縮小されれば、普段よりも少量のご飯で満腹感を得ることが可能です。

 

胃腸を休息する事で、体のさまざまな機能も休む事になりますし、体内環境をリセットすることができるのです。

 

宿便 断食

 

そして、断食には毒物や老廃物を排出する力もあります。

 

断食をすると、まずは体内の悪い物質を排出する作業が行われます。

 

新しく食事を消化分解する必要がないので、不要な物質を排除する働きに力を入れることができるのでしょう。

 

人の体内には、便秘や毒素等さまざまな有害物質があります。

 

なかなか排出しきれないものも多いでしょう。

 

断食をすることで、毒素の排出に力を入れることができるので、体の不要な物質をどんどん出すことができます。

 

このお蔭で、お腹の中に溜まっている宿便も出すことができるのでしょう。

 

 

しかし、断食は決して簡単な事ではありません。

 

断食をしようとしてもすぐに無理だと感じる人もいますし、食事をしないということは健康的なことではありません。

 

 

確かに宿便を出す為には良いかも知れませんが、サプリメント等を飲んでも十分、便秘や宿便を改善することができます。

 

断食は難しいので、できればサプリメントや薬に頼って宿便を改善してみてはいかがでしょうか。

 

断食よりもずっと気軽に実践をすることができますし、サプリメントなら健康的に、副作用もなく試すことが可能です。

 

断食自体は悪くない

断食をすることは、決して悪いことではありません。

 

もし可能なのであれば、一度実践をして見ても良いでしょう。

 

断食よりもサプリメントの方が手軽に、どんな人でも実践しやすいからおすすめ、というだけです。

 

前述の通り、断食には内臓を休ませ、体内の老廃物を排除するという力があります。

 

また、断食を行うことで余分な脂肪を捨てることができるでしょう。

 

食事をとらないから痩せる。というだけではありません。

 

現代人は、カロリー過多だといわれています。

 

栄養を取りすぎているせいで、過剰に体に負担をかけている可能性もあります。

 

適度な栄養摂取はとても良いことですが、過度な栄養摂取は肥満にも繋がるでしょう。

 

断食を行う事で、体のリセットが行われます。

 

そのおかげで、肌の皮脂量が安定したり、フケや等が改善するともいわれています。

 

また、定期的な断食は体の抵抗力アップにも良いといわれています。

 

食べないと抵抗力が弱まると思われがちですが、そんなことはありません。

 

断食をすることで、体が自分を守ろうとして抵抗力がアップするのです。

 

そのため断食をした後は皮膚病等が改善しやすくなるともいわれています。

 

断食は、健康にはとても良い行為なのではないでしょうか。

 

おすすめのプチ断食方法

断食には、本格的な断食と、簡単な断食である「プチ断食」というものがあります。

 

まずは本格的な断食について説明をしましょう。

 

実際の断食は、10日から2週間かけて行います。

 

目的等によって日数を決めると良いでしょう。

 

断食を行う目的は、ダイエットの為、白血球を増加させる為、胃腸を回復させる為、体内環境をリセットさせるためなど、さまざまな目的があります。

 

目的に合わせて日数を決めて下さい。

 

ちなみに、2週間以上やってもこれらの効果をアップすることはできません。

 

断食は決して簡単な事ではないので、最長でも2週間が限度でしょう。

 

 

断食をする前は、予備断食を行います。

 

断食前に肉類などを取ると断食中に辛くなってしまうので、体を断食に慣れさせるためにも少しずつ食事の量を減らすことはとても大切な事なのです。

 

少しずつ食事の量を減らしてから断食に挑めば、普通に断食をするよりも辛くはありません。

 

断食に前は、下剤を飲みます。

 

下剤を飲む事で、腸内の残留物を早く排出することができるからです。

 

実は、胃腸内に物が入っている状態の方が、断食は辛いと感じるのです。

 

事前に下剤等で排出させてしまえば、断食もそこまで辛くなくなるでしょう。

 

本場では、虫下しを下剤として服用している様です。

 

事前に下剤を服用して開始すれば、10日程度なら辛さを感じずに断食を行うことができるのではないでしょうか。

 

断食中は、飲食は禁止です。
しかし、水分は積極的に摂りましょう。

 

水は、とても大切です。

 

いくら食事を控えている時期でも、水分を取らなければ死んでしまうでしょう。

 

また、水分を摂取することで老廃物を排除する手助けをしてくれるのです。

 

そのため普段よりも多めに水分を服用するようにして下さい。

 

宿便 断食 水分

 

断食中は、とても暇でしょう。

 

何もしていなければ空腹を紛らわすことはできません。

 

そのため、事前に何か暇をつぶせるものを用意すると良いのではないでしょうか。

 

本でも何でも良いので事前に用意をすれば、そこまで面シャンプーを感じません。

 

断食中は毒素がどんどん排出されるため、排泄物が普段より臭く感じたり、口臭等も悪化するでしょう。

 

しかし、これは耐えなければいけない期間なのです。

 

人によっては断食中に全体的な倦怠感を感じる場合があります。

 

他にも体中に不具合が生じるかも知れません。

 

しかしこれは全て、体内に不要な毒素を排出するから起こる現象なのです。

 

一時的に発疹等が出るかもしれませんが、ある時期を過ぎると改善するでしょう。

 

断食終了後は、少しずつ食事をとるようにして下さい。
急に食事をとると体が驚いてしまい、胃が荒れてしまう可能性があります。

 

 

本場の断食について記載しましたが、これを現代日本で行うのはとても危険でしょう。

 

仕事や学校に行きながら10日から2週間も断食をすることは、ほぼ不可能です。

 

そこで最近は、「プチ断食」を行う人が増えているといわれています。

 

プチ断食は、名前の通り簡単な断食方法です。

 

食事は食べませんが、決められた物はいくらでも服用をして良いので、通常の断食よりも辛さは感じません。

 

プチ断食の期間は1日から3日程度が主流です。

 

初心者は1日程度、慣れてきたら日数を延ばしてみましょう。

 

1日程度なら初めてのかたでも辛さを感じずに断食をすることができるはずです。

 

そして、1日から3日程度なら仕事や学校が休みの日に行うことができますよね。

 

プチ断食中に良く用いられる食品といえば、酵素ドリンクです。

 

決められた食品は、断食中にいくらでも飲んでも良いので、気軽な気持ちで断食を行うことができます。

 

また、酵素ドリンクは炭酸水やフルーツジュースと混ぜることで美味しく飲むことができます。

 

炭酸と混ぜることで満腹感を得る事が出来ますし、適度な甘さを補給できるので、断食も難しくないのではないでしょうか。

 

他にもグリーンスムージーやフルーツ、野菜スープを使ったプチ断食が増えています。

 

自分に合った食品を探し、プチ断食を実践して見てはいかがでしょうか。

 

 

プチ断食と本場の断食での共通点もいくつかあります。

 

まずは、断食前後の食事です。

 

プチ断食を行う前も、断食の準備として食事量を減らす様にしましょう。

 

本格的な準備はしなくても良いですが、前日の食事を朝食から少しずつ減らすと、そこまで辛さを感じずに断食に挑めるはずです。

 

また、プチ断食後の食事もおかゆなど、体に優しい食事を選んでください。

 

プチ断食でも体内環境がリセットされ胃腸がフラットな状態となるので、急に高カロリーな食品を摂ることはおすすめしません。

 

プチ断食中も水分補給はたくさん行いましょう。

 

水はいくらでも飲んでも良いので、空腹を感じたら水を飲む様にして下さい。

 

プチ断食にチャレンジする若い女性が増えているといわれています。

 

しかし、いくらプチとはいえ断食なので、慣れないうちはとても辛いでしょう。

 

便秘の為にプチ断食考えているのなら、まずはサプリメントなど簡単な方法から試してみてはいかがでしょうか。

 

↓おすすめ!