宿便は嘘?

宿便なんて嘘ってどういう意味?

宿便はさまざまなところで見かける言葉です。

 

簡単には改善することはできませんし、自分にも宿便が溜っているのではと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、宿便なんてない。という説もあります。

 

宿便は、腸壁に存在する排泄物の残骸だという説が一番有名です。

 

けれども腸壁に排泄物が残る。という現象は起こりません。

 

よく、断食をすると宿便も取れるといわれていますが、そんなこともないでしょう。

 

なぜなら宿便という言葉は医学的には存在しない言葉だからです。

 

そして、医学的にいわれている宿便とは「2,3日程出てこない便」に使われています。

 

腸内に残された排泄物ではなく、ただの便秘のことを宿便というのです。

 

もちろん、腸内に残された便は、体臭や口臭を悪化させたり、病気に繋がったり、肌荒れや体重の増加を引き起こしてしまうでしょう。

 

そのため、宿便が溜っている状態は出来るだけ改善をすることをおすすめします。

 

兼行の為にも、美容の為にも、便秘は改善して下さい。

 

そして便秘イコール宿便という意味なので、宿便ももちろん改善をしましょう。

 

便秘が改善出来れば宿便も改善出来たのと同じです。

 

便秘改善効果の高い方法を実践すれば、宿便も解消できるのです。

 

解消法はこちらのランキングで=トップページ