腸内デトックス

腸内デトックス

腸内デトックス,効果

 

デトックスとは、汗や排便で体内に溜まった毒素を排出することです。

 

そのため「腸内デトックス」とは、腸内に溜まった物を排出する行為ということになります。

 

腸内は宿便等、老廃物や毒素が貯まりやすい状態になっています。
腸内デトックスをすることで綺麗な腸内環境を取り戻し、美容や健康に高い効果を実感することができるのではないでしょうか。

 

腸内デトックスをすることで、さまざまな効果を実感することができます。

 

たとえば痩せやすい体を手に入れることができるでしょう。

 

腸内デトックスが溜ると、体内の活性酵素が細胞にダメージを与え、代謝が悪化してしまいます。
そのせいで、十分にカロリーを消費することができず太りやすい体質になってしまうのでしょう。

 

逆に腸内デトックスを行えば、体内環境が改善し代謝の促進も十分に行えるようになるので、痩せやすい体になるという訳です。

 

血流も改善するので、体全体に栄養も行き渡り易くなります。
血行不良だと肌荒れや薄毛が起こりやすいといわれていますが、それらも改善することができるでしょう。

 

宿便のせいで怒る肩こりや冷え症、免疫力の低下、生活習慣病の原因なども腸内デトックスで改善が可能です。

 

腸内デトックスには美容、健康、ダイエット、さまざまな効果を実感することができます。

 

腸内デトックス方法

腸内デトックスはさまざまな方法で行うことができます。

 

複数同時に行うことでより高い腸内デトックス効果を実感できるので、実践をして見て下さい。

 

たとえばコップ一杯の水を飲む事です。

 

朝起きてコップ一杯の水、もしくはぬるま湯を飲むことで、交感神経を活発化させることができます。

 

そのおかげで自然に胃腸を働かせることができ、排便しやすい状態を作ることができるでしょう。

 

 

運動をすることも大切です。
運動不足の状態が続くと便秘になりやすい状態になってしまうでしょう。

 

運動といっても簡単な運動で大丈夫です。
普段よりも歩くようにする、エレベーターではなく階段を使う、少し早歩きをしてみる等を実践してみてください。

 

一つ一つは些細な運動量ですが、毎日継続することで運動の効果を実感出来ます。

 

 

腸内マッサージをすることで腸内デトックスを行うことも可能です。

 

仰向けになり、体の力を抜き、大腸部分をゆっくりとマッサージしましょう。
痛気持ちい程度の強さが適切です。

 

時計回りにくるくるとマッサージすれば、蠕動運動に繋がります。

 

 

 

腸内デトックスに良い食品といえば、ヨーグルトです。
ヨーグルトには乳酸菌やオリゴ糖等、便を排出する効果の高い成分がたっぷりと含まれています。

 

ヨーグルトが苦手という人には納豆や味噌もおすすめです。
納豆や味噌にも善玉菌を増やす力があり、腸内デトックスに効果的でしょう。

 

 

食物繊維もおすすめです。

 

ごぼうやキャベツに豊富に含まれている不溶性の食物繊維は、便の量を増やし便通のリズムを整える力があります。
腸内デトックスをする時に必要な成分でしょう。

 

また、こんにゃくや海草類に含まれている水溶性食物繊維も便の水分保持に効果的です。
柔らかく、排出しやすい便を作り出してくれるでしょう。

 

 

なかなか腸内デトックスが出来ないという人はプチ断食を行って見てはいかがでしょうか。

 

1日から3日程度簡単な断食を行うだけで、体内環境がリセットされ、胃腸も休むことができます。

 

プチ断食は何も食べない訳ではなく、水分や決められた低カロリーの飲食のみ食べることが出来るダイエット方法です。

 

そのためそこまで辛さを感じずに実践をすることができるでしょう。

 

誘惑に負けずプチ断食が成功すれば、高い腸内デトックス効果を感じられるのではないでしょうか?

 

どの腸内デトックス方法も、決して難しいことではありません。
自分にできる範囲で良いので、実践してみてください。

 

乳酸菌のデトックス効果

腸内デトックスをするために重要な栄養素といえば、乳酸菌です。

 

特にプチ断食に乳酸菌を用いれば、かなりの高い効果を得られるのではないでしょうか。

 

乳酸菌で腸内デトックスを行う場合は、まず一度腸内の菌の数を減らしましょう。
一度量を減らしたところに善玉菌を一度にたくさん摂取をすることで、善玉菌が腸内で優位に働き腸内デトックスを行うことができるのです。

 

プチ断食と腸内デトックス、そして乳酸菌の摂取を同時に行うことで、一度で腸内の悪玉菌を排出しきったところに善玉菌がたくさん入り込み、善玉菌優位の環境を作りやすいのです。

 

しかし、この方法は健康的な人にこそ有効な方法です。
そのため、高齢者や病気の人、体が弱い人は行わないようにしましょう。

 

 

プチ断食を行うときは、徐々に食事の量を減らし徐々に増やさなければいけません。

 

明日から断食だからと前夜に食べ過ぎてしまうと、断食中に辛くて続けられなくなってしまうでしょう。

 

前日に少しずつ減らしていくことで、少量の食事に慣れて、辛さを感じずにプチ断食を行うことができるのです。

 

特に水分をしっかりと取り、アルコールは飲まず、油分や肉類を避けるようにしましょう。

 

プチ断食当日は、リラックスしながら行いましょう。

 

決して無理せず行うようにして、辛くなったらやめるのも大切です。

 

朝食には薄いお茶とたくさんの水分を、昼食夕食は出来るだけ食べず、空腹を感じたら水分を取るようにして下さい。

 

運動はせず、ゆっくりと過ごしましょう。

 

断食翌日にはたっぷりの乳酸菌を摂取するようにしましょう。

 

ヨーグルトや乳酸菌サプリメントからの摂取がおすすめです。

 

また、断食翌日にすぐに飲食を始めると体に負担がかかってしまうので、硬いものや脂っこいものを避けて、おかゆ等を中心に食べるようにしましょう。

 

スープ類やお味噌汁もおすすめです。

 

少しずつ量を増やして、普通の食生活に戻していきましょう。

 

これで、乳酸菌を使った腸内デトックスは完了です。