体を温める健康効果

体を温めて宿便を改善しよう!

冷え性

宿便がたまりやすい人は冷え性の人が多いでしょう。
体が冷えていれば、便も体内にたまりやすくなってしまうのです。

 

特に注意したいのが、内臓冷えです。
冷え性にはいくつかの種類がありますが、内臓冷えは沢山着込んでいても体が冷えたりお腹が冷たく感じたり風邪をひきやすい等の性質を持ちます。

 

  • 細見の体質
  • 胃腸が弱い
  • 下痢になりやすい
  • 食欲があまりない

 

といった項目に当てはまる人は内臓冷えの可能性が高いので注意をしましょう。

 

 

内臓が冷えると?

 

内臓が冷えると、体内の血流がどんどん悪化してしまいます。
便の排出に必要な栄養素が不足しますし便も高くなってしまうので、どんどん宿便が蓄積してしまうでしょう。

 

そのせいで免疫力も低下して風邪をひきやすくなってしまいます。
また、見た目は細見でも内臓冷えの人は内臓に脂肪が蓄積しやすく、体脂肪が見た目以上に高くなってしまう場合も多いでしょう。

 

内臓はもちろん、どんな冷え性でも健康に悪い栄養を及ぼします。
人の体は出来るだけ温めた方が健康を維持しやすいのです。

 

末端が冷えやすい方、冷たい飲み物が好きな方、ついつい冷房を使ってしまう方は特に注意をしてください。

 

 

内臓冷えを改善する方法

 

体を温める、と言っても様々な方法がありますよね。
ここでは特に内臓を温める効果のある方法をご紹介いたします。

 

運動

内臓冷えに一番おすすめなのが、運動です。
体を動かすことで代謝も改善され体も温まりやすくなります。
運動といっても激しい運動をする必要はありません。
スクワット、ウォーキング、ストレッチ、腹筋等、自宅で一人で出来る簡単な運動をする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
ヨガ。特にホットヨガは簡単に体を温められるのでおすすめです。
 

 

 

冷たい食事を避ける

飲み物を飲むときは出来るだけ氷をいれずに飲みしょう。
他にも、トマトやきゅうりなど体を冷やす野菜は控えめに摂って、体を温める食品を中心に摂るようにしてください。
夏場でも、飲み物はホットもしくは常温をおすすめします。
冷房が効いていると、夏場でも体はどんどん冷えてしまうのです。
 

 

 

サプリメント

体を温める効果のあるサプリメントを飲むのもお勧めです。
例えば、安眠系のサプリには体を温める成分が含まれています。
人は、体温が徐々に低下してくると眠気を感じる体質を持っています。
その為サプリメントなどで体が温められると、徐々に体が冷えてきて眠気を感じてくるのでしょう。
特にグリシン等は安眠効果と体を温める効果が抜群です。

 

安眠効果ばっちり!冷え性対策にもおすすめのグリシンは【安眠サプリ紹介・グリシン】←こちらを参考にしてみてください。
 

 

 

お風呂に入る

シャワーだけではなく、湯船に浸かる習慣を作ることも大切です。
お風呂は一番簡単に、体を芯まで温めることが出来るでしょう。
一人暮らしだと特に、シャワーだけで済ませてしまうことが多いですよね。
ゆっくりとお風呂に入ることで体も心もリラックスできますし、宿便改善効果も実感できるのです。